事務局が岡山大学から大阪の (株)はんわ企画 に移転し、会費振込先が2017年から変更されています。ご注意下さい。


2023年1月吉日
日本再生歯科医学会会員 各位

2022年度日本再生歯科医学会総会開催について
『総会告知の案内メールが届かない会員の方は事務局へご連絡ください。』

日本再生歯科医学会事務局(E-mail: saiseishigakukai.kaigi@gmail.com)へ、下記の形式で電子メールにて2月15日(水)までに必ずご連絡願います。


返信メール(会員の方はダウンロード・記入して必ず返信をお願いします。), MSワード(24KB)

上記のPDF版(同文,PDFに追記入できるソフトを使用する必要があります。96KB)



日本再生歯科医学会認定医/指導医は従来からありましたが、今回日本再生歯科医学会認定士の制度ができました。


日本再生歯科医学会は2004年から日本学術会議の協力学術団体に登録されています.

日本学術会議のニュースはこちらからご覧下さい。

厚生労働省は現在,再生医療等の安全性の確保等に関する法律で再生医療等の安全性の確保に関する手続きや細胞培養加工の外部委託のルール等を定めております.この法律は「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」と併せて,会員諸氏には再生医療等の安全性の確保等に関する法律に基づく手続の徹底をお願いします.提供計画等の手続き提出せずに再生医療等を提供した場合や有効期間を過ぎた場合は法律違反となりますのでご注意下さい.

再生医療等の安全性の確保に関する法律施行規則及び臨床研究法施行規則の一部改正(要パスワード)

第21回日本再生歯科医学会学術大会のお知らせ
日時:2023年8月27日 (日)
会場: BIZ SPACE姫路 (〒670-0012 兵庫県姫路市本町127)
大会長:西谷 佳浩先生 (鹿児島大学大学院医歯学総合研究科歯科保存学分野 教授)


第20回日本再生歯科医学会学術大会(20回記念大会)は終了しました。ご協力ありがとうございました。

当日のスナップ写真はここをクリックして下さい.

第20回日本再生歯科医学会学術大会プログラム(和文)

20th anniversary meeting program (English)



英文雑誌 J Oral Tissue Engin は現在 J-Stage から無料閲覧できますが,PubMed掲載の準備中です.


ジャーナルの情報を公開しています。上記をクリック!


和文誌は2003年より,英文誌は2004年より定期発刊しています.
和文誌:日本再生歯科医学会誌
  ONLINE ISSN: 1880-0815
PRINT ISSN: 1348-9615
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jard/-char/ja/

英文誌:Journal of Oral Tissue Engineering (J Oral Tissue Engin)
ONLINE ISSN: 1880-0823
PRINT ISSN: 1348-9623
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jarde/-char/ja/

−−−−−−−−−−−−−
両機関誌は,科学技術振興機構(J-Stage)掲載ジャーナルです.


ISSN 1348-9615      ISSN 1348-9623
(和文雑誌)和文抄録 英文抄録    (英文雑誌)抄録(英文)
左の機関雑誌からも見ることができます
会員の方は雑誌等の定期刊行物は無料です



Journal of Oral Tissue Engineering (J Oral Tissue Engin)はこのウェブサイトに本誌がオープンアクセス誌である旨の宣言を行っています。

This article is an open access article under the terms of the Creative Commons Attribution 4.0 International License (CC BY-ND).

@カレント記事にフリーかつ認証なしでJ-Stageでアクセスできます。
Aカレント記事をエンバーゴ期間無しで継続的に公開しています(J Oral Tissue Enginはエンバーゴ期間がありません)。
  雑誌の冊子体作製し郵送公開するには最低でも3週間程度必要ですが当学会ではJ-Stageにそれ以前に継続的に公開を行っています。
Bカレント記事全てにCCライセンス(または同等のライセンス文言)が付与され二次利用の範囲・条件を明記しています。
  この雑誌記事の2次利用の範囲
  共有 - どのようなメディアやフォーマットでも資料を複製したり、再配布できます。営利目的も含め、どのような目的でも。
  表示 - あなたは 適切なクレジットを表示し、ライセンスへのリンクを提供し、変更があったらその旨を示さなければなりません。これらは合理的であればどのような方法で行っても構いませんが、許諾者があなたやあなたの利用行為を支持していると示唆するような方法は除きます。
  改変禁止 - あなたがこの資料を リミックスし、改変し、あるいはこの資料をベースに新しい作品を作った場合、あなたは改変された資料を頒布してはなりません。
C投稿規程またはウェブサイトにオープンアクセス誌である旨の宣言、二次利用の範囲・条件を上記のように明記いたします。

  ご注意:
  あなたは、資料の中でパブリック・ドメインに属している部分に関して、あるいはあなたの利用が著作権法上の権利制限規定にもとづく場合には、ライセンスの規定に従う必要はありません。
  保証は提供されていません。ライセンスはあなたの利用に必要な全ての許諾を与えないかも知れません。例えば、パブリシティ権、肖像権、人格権 などの他の諸権利はあなたがどのように資料を利用するかを制限することがあります。
以上



学会機関誌に投稿された論文の中から「優秀論文賞」
がありますので奮ってご投稿下さい.

−−−−−−−−−−−−
和文誌:日本再生歯科医学会誌(略名:日再生歯医会誌)
が医学中央雑誌刊行会から「医学中央雑誌 収録誌」として登録(収集誌コード:W4527)
英文雑誌(J Oral Tissue Engin)は(収集誌コード:Y0351)
−−−−−−−−−−−−

和英両雑誌は医学中央雑誌(医中誌)に登録されております.
















最初のページへ
ホームページ最初へ