事務局が岡山大学から大阪の (株)はんわ企画 に移転し、会費振込先が2017年から変更されています。ご注意下さい。


日本再生歯科医学会は2004年から日本学術会議の協力学術団体に登録されています.

日本学術会議のニュースはこちらからご覧下さい。



厚生労働省は現在,再生医療等の安全性の確保等に関する法律で再生医療等の安全性の確保に関する手続きや細胞培養加工の外部委託のルール等を定めております.この法律は「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」と併せて,会員諸氏には再生医療等の安全性の確保等に関する法律に基づく手続の徹底をお願いします.提供計画等の手続き提出せずに再生医療等を提供した場合や有効期間を過ぎた場合は法律違反となりますのでご注意下さい.


英文雑誌 J Oral Tissue Engin は現在 J-Stage から無料閲覧できますが,PubMed掲載の準備中です.



(詳細は上をクリックしてご覧下さい。)
第16回日本再生歯科医学会学術大会・総会を下記の要領で開催いたしますので、ご案内申し上げます。多数の演題のご発表と積極的なご参加をお願いいたします。

(この頁のpdfファイル(232KB)はここからダウンロードできます。)

会 期: 平成30年11月30日(金)〜12月1日(土)

会 場: 愛知学院大学歯学部歯学薬学図書館情報センター
      名古屋市千種区楠元町1-100(地下鉄本山駅1番出口徒歩8分)
      http://www.agu.ac.jp/access/ http://www.agu.ac.jp/guide/campus/

日程予定:

11月30日(金)
18:00〜20:00  懇親会(愛知学院大学歯学部楠元校舎 4号館カフェテリア)

12月1日(土)
9:30〜11:00
    特別講演 (1)
生田 幸士 (東京大学 教授)
    「再生医療と重大疾病超早期発見のためのマイクロナノロボティクス」
13:00〜14:30  特別講演 (2)
河田 俊嗣 (神奈川歯科大学 前教授)
    「矯正歯科治療に伴う小臼歯・智歯の便宜抜歯のCAS凍結細胞バンク」
14:40〜15:50  特別講演 (3)
中原 貴 (日本歯科大学生命歯学部 教授)
    「バイオ再生医療に果たす歯科の役割 〜歯の細胞バンクによる新たな医歯連携へ〜」

16:00〜16:30  総会
16:30〜16:45  閉会式



ジャーナルの情報を公開しています。上記をクリック!



和文誌は2003年より,英文誌は2004年より定期発刊しています.
和文誌:日本再生歯科医学会誌
  ONLINE ISSN: 1880-0815
PRINT ISSN: 1348-9615
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jard/-char/ja/

英文誌:Journal of Oral Tissue Engineering (J Oral Tissue Engin)
ONLINE ISSN: 1880-0823
PRINT ISSN: 1348-9623
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jarde/-char/ja/

−−−−−−−−−−−−−
両機関誌は,科学技術振興機構(J-Stage)掲載ジャーナルです.


ISSN 1348-9615      ISSN 1348-9623
(和文雑誌)和文抄録 英文抄録    (英文雑誌)抄録(英文)
左の機関雑誌からも見ることができます
会員の方は雑誌等の定期刊行物は無料です

学会機関誌に投稿された論文の中から「優秀論文賞」
がありますので奮ってご投稿下さい.

−−−−−−−−−−−−
和文誌:日本再生歯科医学会誌(略名:日再生歯医会誌)
が医学中央雑誌刊行会から「医学中央雑誌 収録誌」として登録(収集誌コード:W4527)
英文雑誌(J Oral Tissue Engin)は(収集誌コード:Y0351)
−−−−−−−−−−−−

和英両雑誌は医学中央雑誌(医中誌)に登録されております.





第5回国際組織工学・再生医療学会世界会議2018−京都
2018 TERMIS World Congress - Kyoto, Japan
会期:2018年9月4日(火)〜9月7日(金)
会場:国立京都国際会館
会長:田畑 泰彦(京都大学ウイルス・再生医科学研究所 生体材料学分野)
澤  芳樹(大阪大学大学院医学系研究科 心臓血管外科学)

















最初のページへ
ホームページ最初へ