事務局が岡山大学から大阪の (株)はんわ企画 に移転し、会費振込先が2017年から変更されています。ご注意下さい。


日本再生歯科医学会は2004年から日本学術会議の協力学術団体に登録されています.

日本学術会議のニュースはこちらからご覧下さい。



厚生労働省は現在,再生医療等の安全性の確保等に関する法律で再生医療等の安全性の確保に関する手続きや細胞培養加工の外部委託のルール等を定めております.この法律は「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」と併せて,会員諸氏には再生医療等の安全性の確保等に関する法律に基づく手続の徹底をお願いします.提供計画等の手続き提出せずに再生医療等を提供した場合や有効期間を過ぎた場合は法律違反となりますのでご注意下さい.


英文雑誌 J Oral Tissue Engin は現在 J-Stage から無料閲覧できますが,PubMed掲載の準備中です.




(17回大会のお知らせはここをクリックして下さい。)


17回大会は2019年11月23日(土)に終了致しました。

17回大会プログラム

17回大会のスナップ写真



次回シンポジウム開催予定

日 程:2020年3月1日(日)13時より
会 場:東北大学歯学部C棟1階大会議室(仙台市青葉区星陵町4-1)
世話役:齋藤 正寛 先生(東北大学大学院歯学研究科 口腔修復学講座 歯科保存学分野 教授)
内 容:iPS研究の成果について(江草 宏,東北大学大学院歯学研究科分子・再生歯科補綴分野)
リグロスによる歯周組織再生医療(山田 聡,東北大学大学院歯学研究科歯内歯周治療学分野)
第三種再生医療を用いた歯内療法の臨床研究(半田 慶介,東北大学大学院歯学研究科歯科保存学分野)
再生医療の現状と手続きについて(原 総一郎,東北厚生局医事課)
参加費:5000円


お知らせ:J Oral Tissue Enginは本年より年2回の発刊(9月末(1号),12月末(2号))となりました。
会員の皆様方のご理解を宜しくお願い申し上げます。


ジャーナルの情報を公開しています。上記をクリック!



和文誌は2003年より,英文誌は2004年より定期発刊しています.
和文誌:日本再生歯科医学会誌
  ONLINE ISSN: 1880-0815
PRINT ISSN: 1348-9615
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jard/-char/ja/

英文誌:Journal of Oral Tissue Engineering (J Oral Tissue Engin)
ONLINE ISSN: 1880-0823
PRINT ISSN: 1348-9623
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jarde/-char/ja/

−−−−−−−−−−−−−
両機関誌は,科学技術振興機構(J-Stage)掲載ジャーナルです.


ISSN 1348-9615      ISSN 1348-9623
(和文雑誌)和文抄録 英文抄録    (英文雑誌)抄録(英文)
左の機関雑誌からも見ることができます
会員の方は雑誌等の定期刊行物は無料です

学会機関誌に投稿された論文の中から「優秀論文賞」
がありますので奮ってご投稿下さい.

−−−−−−−−−−−−
和文誌:日本再生歯科医学会誌(略名:日再生歯医会誌)
が医学中央雑誌刊行会から「医学中央雑誌 収録誌」として登録(収集誌コード:W4527)
英文雑誌(J Oral Tissue Engin)は(収集誌コード:Y0351)
−−−−−−−−−−−−

和英両雑誌は医学中央雑誌(医中誌)に登録されております.

















最初のページへ
ホームページ最初へ